今年も桜が満開でした!

CIMG4445.jpg

CIMG2252.jpg
CIMG4307.jpg

今年も満開の桜が咲きました!どんなに冬が寒くても、春は必ずやって来ます。
でも、私達が困難の中にある時、目の前の問題しか見えず、なかなか状況が良くなることを信じるのは難しいです。自分の問題ばかりに目を向けると、誰よりも自分が世界で一番不幸で、可哀想な人に思えてきます。しかし、苦しい時こそ、これは必ず過ぎ去るのだと信じる事が大切なんです!暗闇の中で一人苦しみもがいても、きっと次の日、朝はやって来ます。光は射します。枯木であった桜の木も、このように毎年春には花を咲かせます。

だから、希望を失わないで下さい!
京都を訪れた数日後に、祇園で悲惨な交通事故がありました。花見に来られていた大勢の方を巻き込み、運転手自身も亡くなり、本当に心痛めています。残されたご家族やご友人、同僚はさぞ悲しんでおられるでしょう。心からお悔やみ申し上げます。神様が私達の心を慰めて下さり、憐れんで下さり、癒して下さることをお祈り申し上げます。
主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。 詩篇23:1~4