カテゴリー別アーカイブ: インターナショナル・ミニストリー

チェンマイの孤児院の子供達のご支援に感謝いたします。

子供達にぬいぐるみをあげたビデオはこちらです!
https://www.youtube.com/watch?v=CzuR6aKz8FQ
チェンマイの孤児院を支援して丸8年目、11月で9年目に入ります。バンロムサイで4歳だった子供は12歳になりました。小さな子供達の面倒を見てとても頼もしく、毎回訪れる度、子供達の成長を見るのが本当に嬉しい限りです。
又、Light for Kids Orphanage(光の家)は自給自足の一環として裏の田んぼを借りてお米を育てそれを食べています。その畑では今トウモロコシを育てているそうです。豚数頭も飼っていました。Blossom Homeも子供達は元気に遊び勉強していました。
それぞれの園で子供達とお遊戯、歌を歌い、共に賛美し、今回は日本からクワイヤーメンバーから頂いたぬいぐるみ150個を持って行き、一つずつ自分たちの好きなものを選んでもらました。大変喜んでいました!シャボン玉もとても喜んで、一緒に遊びました。又、花田矯正歯科の院長先生から歯ブラシを寄付頂いたり、お菓子、色鉛筆などを寄付し、又、皆様から頂いた尊い献金、そして、CDの売上を子供たちの成長の為に使って頂くよう捧げて参りました。親のいない子達、親がいても育児放棄や刑務所などにいたり、又、山奥で学校に通えない子達がこれらの孤児院で生活しています。貧しくても、親と一緒に住めなくても、神様が私達一人一人を愛して下さり、それらの子供達の事を忘れず愛している大人が一人でもいる事を知って欲しいからこの活動を続けています。
皆様、どうかこれからもお祈り、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い致します。

募金総額: 合計 500,000円 (153,000 バーツ)

チャリティー支援先 孤児院&団体は以下の通りです。

■House of Love Day Care
http://www.imemf.org/daycare.htm
■バーンロムサイ
http://www.banromsai.jp
■クルム・プアン チェンマイ-ヒロシマ
http://www.thai-collection.com/chiangmai.html
■Light For Kids Foundation
http://www.lightforkids.org
■Blossom Home

ご支援頂いた皆様、及び団体名(個人名は分かる限り記載しています。)教会の伝道集会や講演会やコンサートで募金頂いた各自のお名前は載せておりませんのでご了承くださいませ。

大久保悦子様、藤岡直子様、海田智美様、オアシス梅田店様、奥村啓子様、関西学院中学部生徒一同様、岸本真衣様、大嶋みゆき様、増田妙様、You & Me Live来場者様、米子新生教会様、JA茨木市トーク&コンサート来場者様、Cathy Hubnik様、柴田珠江様、近鉄造園安全協会様、平林けい子様、Phriks Gospel Choir様、聖書と音楽の出会い•山形来場者様、鳥取県岩美町講演会来場者様、名古屋グレイス教会様、ウインズゴスペルクワイヤー様、福岡県筑後市講演会来場者様、せっつファミリークワイヤー様、京都市保育所同盟様、北九州復興教会曽根会堂様、徳勢麻紀様、熊本県合志市社会福祉協議会様、高倉チャペル様、上海JCF様、鍋谷淑子様、高田てい子様、柏木三津江様、高嶋様、里親支援制度コンサート来場者様、バンコク日本語キリスト教会様、Hiromi Tachida Koshy様、Heart of Joy Choir様、House of Love Gospel Choir様、花田矯正歯科様

IMG_4173IMG_4174IMG_4176IMG_4177

チェンマイ3日目はHouse of Loveの幼稚園とBlossom Home

チェンマイ3日目は朝からHouse of Loveの幼稚園を訪問しました。この幼稚園はスラム街の山岳民族の子供達が通う幼稚園です。金曜日は自分たちの民族衣装を着て幼稚園に行きます。ぬいぐるみはここでも大人気。でも何よりもシャボン玉が1番楽しかったみたいです❗️本当に無邪気で可愛い❤️。又、その後、私の友達が支援している女の子姉妹と家族を訪問し、夜はBlossom Homeの子供たちに会いに行きました。山岳民族(タイ人の国籍を持たない子もいる)、女性であること、マイノリティである事、自分たちの独特の文化や周りの人からの偏見などもあり、女性としてこれから生きていくには不可欠なのは教育です。学校に行き一生懸命勉強することがこの子達の将来に大きな光をもたらすのです。人々の出会いは偶然ではなく、神様が選んでくれるものと私は信じています。だから、関わった子供たちの支援をできる限り長く続けていきたいと思いますので、皆様、どうぞこれからもお祈り、ご協力をよろしくお願いいたします。IMG_3945 IMG_3979 IMG_3997IMG_4075 IMG_4091

チェンマイ2日目はLight for Kids 孤児院を慰問

English follows:
チェンマイ2日目は夕方子供達が学校から帰ってくる時間にあわせてLight for Kids Orphanage (光の家)の子供たちに会いに行きました。一緒に賛美、お遊戯、私もタイ語で賛美し、日本の皆さんからのぬいぐるみやお人形も届けました!シャボン玉も楽しみ、子供達から一杯エネルギーをもらいました。
We visited children at Light for Kids Orphanage. We praised God with music and dance, and we gave toys from my choir members. We also enjoyed bubbled together. We received of great energies from them!IMG_3913 IMG_3909IMG_3897IMG_3917 IMG_3941

チェンマイの孤児院の子供達に会いに行きました。

チェンマイの支援先の孤児院の子供たちに会いにやってきました。滞在1日目はMacro巨大スーパーマーケットでお菓子や色鉛筆、歯磨きなどを山ほど購入し、先ず一ヶ所目の孤児院、バーンロムサイに行きました。指導するゴスペルクワイヤーの皆さんから頂いたぬいぐるみ子供たちとても喜んでいました〜‼️❤️今日は私のキーボードとボランティアの安倍さんのギターで数曲のゴスペルを歌い、その後はお遊戯(アヒルのダンス)とシャボン玉をして子供達と遊びました。IMG_3832

IMG_3853IMG_3854


チェンマイの子供たちに会ってきました!

日本に寒波がやって来た1月末の週は、チェンマイでも同じくその影響で、空港に着いた夜は14度しかありませんでした。これ迄で一番寒く感じましたが、冬の日本から来た私にとっては涼しく感じたぐらいで幸いでした。その後、気温は上昇し、日中は28度くらいで暖かかったです。
さて、今回も支援先の孤児院4件を回りました。House of Love(スラム街の子供達の幼稚園)では新しい子供達にもたくさん出会い、一緒にお遊戯、歌を歌いました。今回は園の要望でお菓子の他にノートや鉛筆など文房具、そして、歯磨き&歯ブラシも寄付致しました。子供達には「お菓子を食べたあとは必ず歯磨きしてね!」と伝え、又、歯磨き粉を食べる子がいるらしく…それはダメよ!と説明。
2016.1Chiangmai5.jpg

バーンロムサイにはたくさん小さな子供達が入ってきました。大きなお姉ちゃんとお兄ちゃんが小さな子供たちの面倒を見て、とっても頼もしく、7年半前に出会った彼ら&彼女らがこんなに成長してくれたのは本当に嬉しい限りです。
又、Light for Kids Orphanage(光の家)では自給自足の一環として裏の田んぼを借りてお米を育てています。そして、今回それを収穫し、夕食に食べていました。Toyotaチェンマイがお庭に遊具を寄付してくださったもので子供たちも楽しそうに遊んでいました。Blossom Homeも子供達は元気に遊び勉強していました。
それぞれの園で子供達とお遊戯、歌を歌い、共に賛美し、大縄跳びで遊び、お菓子、文房具、本などを寄付し、又、皆様から頂いた尊い献金、そして、CDの売上を子供たちの成長の為に使って頂くよう献金致しました。親のいない子達、親がいても育児放棄や刑務所などにいたり、又、山奥で学校に通えない子達もこれらの孤児院で生活しています。今年で支援して7年になり、11月で丸8年になります。
以前から知っている笑顔のなかった小さな子供達も今ではすっかり大きくなり、今回の滞在では満面の笑みを見せてくれました。子供たちは心から安心して安全に住める環境にあってこそ、笑顔になれることを教えられました。
今後、この子達と一緒に又コンサートが出来れば良いな~!と夢を持っています。
皆様、どうかこれからもお祈り、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い致します。

募金総額: 合計  451,300円 
(135,390 バーツ)


チャリティー支援先
孤児院&団体は以下の通りです。

■バーンロムサイ(Ban Rom Sai) http://banromsai.jp/index.html

House of Love http://www.imemf.org/hptp.htm

■クルム・プアン チェンマイ-ヒロシマhttp://www.thai-collection.com/chiangmai.html

Light For Kids Foundation http://www.lightforkids.org (

Blossom Home 

ご支援頂いた皆様、及び団体名(個人名は分かる限り記載しています。)教会の伝道集会や講演会で募金頂いた各自のお名前は載せておりません事、ご了承くださいませ。

大久保悦子様、藤岡直子様、奥村啓子様、頓所昭子様、明石人丸教会様、日本バプテスト四日市教会様、河内長野市様、高槻島本町様、山口麻子様、鈴鹿いすず庵様、ジョイフルBook & Gifts様、日本聖書協会様、バンコク日本語キリスト教会様、柴田珠江様、森田勝様、鈴木義巳様、大阪女性会様、枚方希望教会様、尼崎キリスト教会様、三重県様、三条東ロータリークラブ様、新潟福音教会様、猪野美香様、岸本真依様、ウインズゴスペルクワイヤー様、岡山県新見市様、西村由佳様、尾上聖愛教会様、上本啓輔様、チェンマイ日本語教会様、他

2016.1Chiangmai12.jpg2016.1Chiangmai2.jpg2016.1Chiangmai3.jpg2016.1Chiangmai4.jpg

皆様のご支援に感謝致します。無事に5つの孤児院、団体に支援金をお渡し致しました。どうもありがとうございます。

2015.6Chiangmai2.jpg
皆様から頂いた献金、私のCDの売上などはこれらの子供達の為に使われています。スラムの子供からHIV母子感染の孤児達、又、親がいても育児放棄、経済的な問題、親の事情で一緒に住むことができない子供たちは、私たち一人一人が自分たちの子供と思って関わっていく必要があります。ご縁のあるこの子供たちを支援し続けたいと思いますので、どうか、お祈り、ご支援、ご協力を宜しくお願いいたします。どうもありがとうございます。
募金総額: 合計  574,074円 
(155,000 バーツ)

チャリティー支援先 孤児院&団体は以下の通りです。

■バーンロムサイ(Ban Rom Sai) http://banromsai.jp/index.html

House of Love http://www.imemf.org/hptp.htm

■クルム・プアン チェンマイ-ヒロシマhttp://www.thai-collection.com/chiangmai.html

Light For Kids Foundation http://www.lightforkids.org (Liberty Kidz Thai Orphanage

Blossom Home 

ご支援頂いた皆様、及び団体名(個人名は分かる限り記載しています。)教会の伝道集会や講演会で募金頂いた各自のお名前は載せておりません事、ご了承くださいませ。

大久保悦子様、藤岡直子様、奥村啓子様、バンコク日本語教会様、富山県入善町様、グレース大聖堂様、広島県江田島市様、関西学院中学部中学生一同様、友定美由紀様、台湾雙連教会様、村山美和様、内藤いづみ様、相馬千歳様、園田チャペル様、早崎千恵様、池田英里子様、遠藤和秀様、福岡県広川町様、青森県板柳町様、NPO遺族支え愛の会様、岸本真依様、楠美尚美様、頓所昭子様、星野万理子様、国分福音教会様、松岡恵子様、佐藤典子様、Ms. Kiyomi Gillou、倉永和男様、ラジオ8時だよ!神様、仏様、大久保和慧様、倉橋美香様、鳥取八頭町様、Winds’ Gospel Choir様、日本バプテスト四日市教会様、上本啓輔様、他

2015.6Chiangmai3.jpg2015.6Chiangmai8.jpg2015.6Chiangmai10.jpg

チェンマイの子供達に会ってきました!

6月3日から7日迄、チェンマイの孤児院4ヶ所を回ってきました。子供たちは元気に遊び、学び、生活しています。一緒に賛美し、お遊戯をし、シャボン玉で遊び、お菓子をあげて、各院に支援金をお渡ししてきました。
今回、新しい小さい子供達にも会いました。大きな子供たちが成長し、孤児院を出ていき、大学や就職、そして、自立して行くのを知るのは大変嬉しいことです。しかし、小さな子供たちが両親を失ったり、親の事情で孤児院に連れられて来るのは本当に可哀想です。今回、ある孤児院で出会った子供達2人の状況を知り胸が張り裂けそうでした。一人は4歳のとっても可愛い女の子。彼女は生まれて直ぐにゴミ箱で見つけられたそうです。警察官が拾って養女にし3歳半まで育てましたが、その警察官夫婦が離婚し、お互いに新しいパートナーが出来たということで、その女の子をこの孤児院に連れてきたのです。私の手を引いて、大人にとても懐くのですが、ケラケラと笑うその笑い声は大人から可愛がってもらえる術を既に知っているかのように…、フっとした時、凍りつくような目で遠くを見つめる彼女から、あの笑顔は本当なのか?疑う気持ちでした。
又、もう一人15歳の少年は、父親が麻薬依存性で刑務所に入れられ、母親が再婚した義父は家庭内暴力の酷いこと。ナタで母親を切りつけようとする義父から、母親をかばうために上げたその指3本を切り落とされ・・・。しかし、その母親は義父を選んで息子を捨て、彼はこの孤児院にきました。

本当に、本当に、子供の気持ちになると胸が張り裂けます。神様、どうか、あなたが彼ら、彼女たちを心から愛していることを、これらの子供たちに教え、人生を導いてあげてくださいと祈ります。

2015.6Chiangmai6.jpg

2015.6Chiangmai4.jpg
2015.6Chiangmai5.jpg
2015.6Chiangmai7.jpg

チェンマイでのチャリテーコンサートは大盛会、神様の愛一杯のうちに終了しました!

2014.9.22コンサート20.jpg2014.9.22コンサート1.jpg
2014.9.22コンサート7.jpg2014.9.22コンサート21.jpg2014.9.22コンサート6.jpg
2014.9.22コンサートY&M.jpg
9月22日(月)午後7時からチェンマイ中国人教会の会堂でピアニストの大久保和慧さん(ももちゃん)と、念願の支援先の孤児院の子供達と共に初のチャリティーコンサートを開催する事が出来ました。お越し頂いた皆様、お祈りくださった皆様、どうもありがとうございました。
2008年から市岡裕子インターナショナルミニストリーを通し、支援してきた5団体(バーンロムサイ、Light for Kidz Foundation, Blossom Home, House of Love, クルムプアン チェンマイ‐ヒロシマ)の子供達、そして、更に新しいノンホーイ地区の子ども会、ナムポーン地区の孤児院の方々もお越頂き、会場には大人71名、子供102名の総勢189名の方々と一緒に賛美(歌い)、踊り、支援金贈呈、そして、子供達全員にお菓子、鉛筆、ものさしのプレゼントをさせて頂きました。
今回のコンサートの為、タイ語の賛美曲を5曲練習し、Blossom HomeのTiwaとAbba(どちらも14歳)とのデュエットにはチェンマイ在住の安倍氏もギターで参加して下さいました。
そして、以前チェンマイにボランティアに一緒に来てくれた康子さんが教えてくれた「あひるのダンス」、Heed Nan(タイ語の賛美曲)を子供達と歌い、踊り、本当に本当に楽しかったです!
子供達の笑顔、神様の愛、神様は本当に素晴らしいと賛美を通して歌い、主に感謝のダンスを踊り、国境を越えて、文化を越えて、神様の素晴らしさを皆で表現出来、楽しい時間を過ごすことが出来たことは私にとって大きな喜びでした。
長年祈り温めてきた子供達とのチャリティーコンサートが実現し、感無量です。
そして、次のステップに向けて、もっと大きなイベントを祈り、計画していきたいと思います。
音楽は世界の共通語、そして、その音楽を通してお互いに愛し合う事ができたこのコンサートの中に天国を見たような気がします。
今回のコンサートに関わってくださったチェンマイの皆様、又、お祈りくださった日本の皆様、本当にありがとうございました。
これからも関わってきたこの子供たちを支援し続けたいと思いますので、どうか、お祈り、ご支援、ご協力をお願いいたします。
どうもありがとうございました。
募金総額: 合計  450,000円 
(132,750バーツ)

チャリティー支援先 孤児院&団体は以下の通りです。

■バーンロムサイ(Ban Rom Sai) http://banromsai.jp/index.html

House of Love http://www.imemf.org/hptp.htm

■クルム・プアン チェンマイ-ヒロシマhttp://www.thai-collection.com/chiangmai.html

Light For Kids Foundation http://www.lightforkids.org (Liberty Kidz Thai Orphanage

Blossom Home 

■Nampon Orphanage

■Children’s Care fo Nonghoi 


ご支援頂いた皆様、及び団体名(個人名は分かる限り記載しています。)教会の伝道集会や講演会で募金頂いた各自のお名前は載せておりません事、ご了承くださいませ。

大久保悦子様、藤岡直子様、バンコク日本語教会様、岩下祐也様、勝井治様、平井路子様、大地一弘様、高槻福音自由教会様、大熊登美夫様、小林民佳様、藤原樹里様、柳澤佳代子様、前原博昭様、和楽様、上本啓輔様、梅田オアシスブックストアー様、(株)日設様、日本聖書協会様、岐阜県垂井町様、日韓婦人交流会様、虹の会様、北見看護大学様、端野町ゴスペルコンサート主催者様、神戸平野教会様、高越香様、吉岡攝子様、植松恵美子様、神戸クリスチャン書店様、奥山恵美子様、柴田珠江様、中村寿子様、吉田一也様、JA静岡中央会光の家大会様、頓所昭子様、大和幸吉様 他

チェンマイの孤児院に行ってきました!クーデターの影響も全く無く、無事に帰国しました。

写真 5.jpg

House of Love Group.jpg
DSC03010.jpg
バーンロムサイ1.jpg
Light for Kids Icre Cream Girls.jpg

6月2日~7日迄 チェンマイの支援先の孤児院やスラムのデイケアの子供達に会いに主人と二人で行きました。!
タイ軍のクーデターにより政情が不安定でありますが、以前から行くことが決まっていたので、子供たちとの約束を破ることは出来ません。お陰様で、危険な目には全く合わず、無事に帰国致しました。

チェンマイの街角には軍のテントが張られ、午後0時~4時迄、夜間外出禁止令が出ていました。しかし、それ以外は日常生活に全く支障はなく安全でした。ただ、風評批判の為に観光客が激減しています。早く正常に戻って欲しいと願います。

さて、ご支援頂いている皆様から頂いた献金、又、CDの売り上げ金を5箇所の支援先にお届けしました。

今回も、クルムプアン・チェンマイーヒロシマの沖村さん、ボランティアの阿部さん、そして、今回はビデオ係として梶原さんにお手伝い頂き、皆様のご支援あってこそ、私の活動が支えられる事に心から感謝しています。

子供たちは元気一杯!今回のお楽しみは、いつものお菓子やおもちゃの他、「アイスクリームを食べよう~!」と暑いチェンマイで子供達と食べるアイスクリームは最高でした!又、昨年6月に一緒にチェンマイに行った康子さんが作ってくれた賛美とお遊戯のCDを掛けて、今回の子供達と一緒にお遊戯したり、歌ったり、とっても楽しく、私も一杯、元気を頂きました。

タイは激しい経済成長を遂げていると思います。しかし、その傍ら、病気、貧困な家庭環境など、自分たちではどうすることも出来ない状況の中にいる人々も沢山おられるのは事実です。

子供達の事を忘れていない!自分達は愛されている。と一人でも多くの関わった子供たちが愛を感じる事が出来るよう、この支援を続けて行きたいと思います。

皆さまのご支援に心から感謝申し上げますと共に、今後もどうぞ宜しくお願いいたします。どうもありがとうございました。

募金総額: 合計      496,912円 (189,700バーツ)

チャリティー支援先 孤児院&団体は以下の通りです。

■バーンロムサイ(Ban Rom Sai) http://banromsai.jp/index.html

House of Love http://www.imemf.org/hptp.htm

■クルム・プアン チェンマイ-ヒロシマhttp://www.thai-collection.com/chiangmai.html

Light For Kids Foundation http://www.lightforkids.org (Liberty Kidz Thai Orphanage

Blossom Home http://www.lbiworld.org/?p=3
30

ご支援頂いた皆様、及び団体名(個人名は分かる限り記載しています。)教会の伝道集会や講演会で募金頂いた各自のお名前は載せておりません事、ご了承くださいませ。

大久保悦子様、藤岡直子様、オアシス梅田店様、バンコク日本語教会様、久本静子様、前原博昭様、宮崎県高千穂町様、根津禮子様、立山市代様、新井由樹様、愛知県武豊町様、大阪教会様、尼崎キリスト教会様、柴田珠江様、藤井英恵様、岸本真依様、兵庫県香住町様、星野万理子様、奥村啓子様、竹村哲也様、日韓交流信徒大会様、神戸キリスト教書店様、宮崎県日之影町様、JA紀北かわかみ女性会様、岡村広子様、上野カヨ子様、神戸いのちの電話様、関西学院中学生一同様、古田一也様、青山香様、康明実様、南大阪聖書教会様、柏原チャペル様、㈲恵泉書房様、一般財団法人 太平洋放送協会様、澤口純枝様、向川香恵様、水元潤様、倉田由香様、武田安子様、上本啓輔様 他