今年も桜が満開でした!

CIMG4445.jpg

CIMG2252.jpg
CIMG4307.jpg

今年も満開の桜が咲きました!どんなに冬が寒くても、春は必ずやって来ます。
でも、私達が困難の中にある時、目の前の問題しか見えず、なかなか状況が良くなることを信じるのは難しいです。自分の問題ばかりに目を向けると、誰よりも自分が世界で一番不幸で、可哀想な人に思えてきます。しかし、苦しい時こそ、これは必ず過ぎ去るのだと信じる事が大切なんです!暗闇の中で一人苦しみもがいても、きっと次の日、朝はやって来ます。光は射します。枯木であった桜の木も、このように毎年春には花を咲かせます。

だから、希望を失わないで下さい!
京都を訪れた数日後に、祇園で悲惨な交通事故がありました。花見に来られていた大勢の方を巻き込み、運転手自身も亡くなり、本当に心痛めています。残されたご家族やご友人、同僚はさぞ悲しんでおられるでしょう。心からお悔やみ申し上げます。神様が私達の心を慰めて下さり、憐れんで下さり、癒して下さることをお祈り申し上げます。
主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。 詩篇23:1~4

イースターおめでとうございます!! Happy Easter!!

The_Resurrection005.jpg

週の初めの日の明け方早く、女たちは、準備しておいた香料を持って墓に着いた。見ると、石が墓からわきにころがしてあった。入って見ると、主イエスのからだはなかった。そのため女たちが途方にくれていると、見よ、まばゆいばかりの衣を着たふたりの人が、女たちの近くに来た。恐ろしくなって、地面に顔を伏せていると、その人たちはこう言った。「あなたがたは、なぜ生きている方を死人の中に捜すのですか。ここにはおられません。よみがえられたのです。まだガリラヤにおられたころ、お話になったことを思い出しなさい。人の子は必ず罪人らの手に引き渡され、十字架につけられ、三日目によみがえらなければならない、と言われたでしょう。」女たちはイエスのみことばを思い出した。 

新約聖書:ルカの福音24章1〜8節

イエス様の復活は、私達を永遠の命に導いて下さるという保証だけではなく、今、生かされている毎日の生活の中でも、私達に力と希望を与えて下さいます。イエス様は十字架の死と復活をもって私たちの救いを成し遂げて下さいました。そして、 『なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。 』 (新約聖書:ローマ人への手紙10章9節)と書かれてあります。

ですから、「イエス・キリストの復活」それを信じるところに大きな変化が起こり、 私たちの人生が変えられる鍵がここにあります。

 私達には、どうしても解決できない問題や罪があり、いつも悩んでいます。

でも、私達の罪の身代わりに死なれ、よみがえられたイエス様を信じて、受け入れると、必ずあなたの人生にも希望が与えられるはずです。

イエス様は今日も私達と生きておられます。 Hallelujah!!

Happy Easter!!

New York 3 – Youtubeに初めてUPしました!

094.jpg

2012年3月19日(土)、ニューヨークのアップタウン・ウェスト(ほとんどハーレム)のSouthern Baptist Churchで行われた「東日本大震災復興支援ゴスペルコンサート」で賛美させて頂いたもようを、以下のYoutubeにUPしました。

是非ご覧ください。後ろクワイヤースタンドに座っているのは、Harlem Japanese Gospel Choirです。
神様は素晴らし~い!!!